コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

施設別ポイント・実績/病院

成長する民間病院市場へ参入するチャンス、病院建設のプロが支援

アセアン地域は、人口増や経済成長などを背景に、医療ビジネスは高い成長が見込まれます。日本からクリニックや病院などへの投資がすでに始まっており、富裕層向け医療や医療ツーリズムで成長している事業者があります。今後は経済成長と共に、益々増加するものと考えます。Plus PM Consultantは、日本国内の実績を生かして、アセアン地域へ投資をするお客様を支援いたします。

Plus PM Consultantの親会社である(株)プラスPMがこれまで手がけた病院は、日本トップクラスの数を誇ります(実績参照)。日本では病院経営に踏み込んだ基本構想づくりから完成まで、すべてのフェーズでプロジェクトに関わり建設計画を推進しています。

この豊富な経験を、アセアン地域の病院プロジェクトへ投資をおこなうお客様へ提供いたします。

品質マネジメント

病院建設事業では、設備工事の比重が大きく、また患者の生命を守る施設であることから設計内容のチェックと現場の品質管理が重要です。設備工事会社は、同規模の病院経験を有する企業を前提に選定をおこないます。

スケジュールマネジメント

病院建設事業では、医療機器や備品など多数の別途発注があることから、建築との調整を初期段階から始めることでスケジュールの遅延を防止いたします。

コストマネジメント

病院建築はマンションやオフィスビルと違い特殊な建設材料を使用することが多いため、現地で調達するものであるか国外から輸入するものであるかを計画当初に調査をおこないます。そうすることで投資金額の削減とスケジュールの遅延を防止いたします。


事業フローと支援内容

プラスPMでは事業主の施設・設備の調達業務に関して、専門的知識を有するコンストラクション・マネジャーが建設事業の各段階において、コスト、品質、スケジュールの最適化支援を行います。ここでは、病院の建設における業務の一般的なプロセスを紹介します。

STEP1: 基本構想策定

事業の要である基本構想は、最も重要なフェーズです。

適切な投資計画をするため、しっかりとした基本構想づくりが必要です。同じアセアン地域でも、運営方法について、国での違いだけでなく、運営事業者によっても様々な考え方があります。そのためPlus PM Consultantでは、長期的視点に立ち、関係者同意の上、基本方針を定める支援をおこなっています。

STEP2: 設計者選定|最適な設計者の選定

理想の施設整備をおこなうためには、設計者選定も重要なフェーズです。事業主にとって最適な設計者を選定するため、下記のようなサポートをおこなっています。

  • 設計者選定方法の立案
  • 選定スケジュール策定支援
  • プロポーザル運営支援
  • 設計者との契約内容のチェックと立会い

STEP3: 設計段階のサービス|高い機能と品質、そして建設コスト削減を追求

事業主側の立場に立ち、運営に配慮した視点で設計内容を評価していきます。同時に目標予算内に収めるようコスト管理を行いながら、改善提案をおこなっていきます。豊富な病院実績があるプラスPMグループだからできることです。

  • 設計者への検討指示及び確認
  • 設計改善提案
  • 実施設計図書の確認
  • 設計定例の出席スケジュール管理
  • コストシミュレーション

  • 改善・コストダウン提案

STEP4: ゼネコン選定|価格だけでなく技術力と実績を評価

病院建設のゼネコン選定は慎重に行いたいものです。確かな安心と安全を実現するためには経験と技術力が必要であり、価格だけで選定するのではなく、会社の実績や現場責任者の実績などを考慮して選定をおこないます。また、Plus PM Consultantでは工事会社との交渉や契約内容の確認までを支援しています。

  • 発注方法の比較提案

  • イニシャル・メンテナンス総合評価:メンテナンス費用10年試算と工事費を合算しメリットの高いメーカーを選定

STEP5: 工事段階のサービス|工事中の追加費用の抑制と品質管理

施工段階では、当初の事業計画を完遂するため、進捗状況や設計変更の確認と調整、追加の見積り査定をおこないます。

病院MENU

ページトップに戻る