マレーシア建設産業開発局とは?CIDBグリーンカードとは?|CIDB

9月 30, 2021

Iマレーシア建設産業開発局CIDBとは?CIDBグリーンカードとは?マレーシアの建設現場事情について
コンテンツ

「CIDBとは? CIDB Green Cardとは?」

「CIDB Green Cardはなぜ必要なのか?」

そんな疑問や不安をお持ちではありませんでしょうか?

マレーシア政府機関CIDBは、建設工事プロジェクトで事故件数が増加することをDOSHと連携し、 建設業界の安全衛生環境を向上させることを最終目標としています。

今回は、マレーシアにおける建設プロジェクト担当者様に向け、マレーシア建設産業開発局CIDBとは何か、 CIDB Green Cardとは何か、またマレーシアの建設現場事情についてまとめております。

本記事は、海外建設コンサルタントとしてプロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントを提供し、企業様のアセアン進出・事業拡大を支援するPlus PM Consultant Sdn. Bhd.が作成したものです。

CIDBとは?

The construction industry development board malaysia
マレーシア建設産業開発局とは?CIDBグリーンカードとは?|CIDB 3

マレーシア建設業開発庁( CIDB: The Construction Industry Development Board Malaysia)は、1994年に建設業開発庁法(法令 520:CIDB 法、通称Act 520)によって設置された機関であり、マレーシアにおける建設業界の発展開発と規制を委ねられています。

そのミッションは、建設技量と仕様材料基準に準拠し、建設業界を規制し、マレーシアにおける建物の品質保証の促進することで、グローバルな競争力の発展に向けて、環境の品質・生産性および持続可能性を提供するプロフェッショナリズム機能を促進する事を目的にしています。

CIDBの機能のポイント

  1. 建設業の発展、改善、拡大を促進し、刺激すること
  2. 建設業界に関連するあらゆる問題の研究を促進、刺激、実施すること
  3. 建設業に関連するサービスの輸出を促進、刺激、支援すること
  4. 建設業界に影響を与える、または関連する問題について、連邦政府および州政府に助言および推奨を行うこと
  5. 建設業に関するコンサルティングおよびアドバイザリーサービスを提供するため
  6. 建設業界における品質保証を促進し、奨励すること
  7. 建設の技量と材料の基準の適合を規制すること
  8. 建設業情報システムの確立を含む、建設業に関連する情報を取得、公開、開始、および維持すること
  9. 建設業界でのトレーニングを提供、促進、レビュー、調整するため
  10. 請負業者を登録および認定するため、請負業者の登録および認定の条件を課すため、および登録および認定を取り消し、一時停止または回復するため
  11. 建築関係者の登録、認定、認定、およびそのような建築関係者の登録、認定、認定をキャンセル、一時停止、または再開すること
  12. 安全で質の高い建設工事の実施を規制する
  13. 建設業界における工業用建物システムの実施を規制すること
  14. 公共の安全に影響を与える建設中華鍋または完成した建設工事の失敗に関してなされた苦情または報告を管理し、それを処理するための適切な措置を講じること

引用:https://www.cidb.gov.my/en/about-us/corporate-info/functions

CIDB Green Cardとは?

マレーシアで建設事業を行うすべての建設会社はCIDBグリーンカードへの登録が義務付けられております。

その建設会社の職員は、仕事の許可をうけるためCIDBグリーンカードで認定される講習会を受講し、建設会社の人員が熟練しており、高品質で生産性の高い仕事を生み出すことができることを証明します。受講者は18歳以上である必要があります。

Act 520のCIDB改正-セクション32/33によると、有効なCIDBグリーンカードを持たない請負業者または職員は最高RM5,000の罰金を科される場合があります。

マレーシアの建設現場における事故件数と状況

今年(2021年)政府機関であるDOSH(Department of Occupation Safety&Health)によると1月~5月までにおいて、3079件の事故が公式に報告されました

94%(2895件)が非永続的な障害をもたらしました。 4%(123件)が永続的な障害を持ち、2%(61件)が死亡しました。

主に建設業で発生する多くの事故の原因は、「施工手順や規制に従わないこと」です。

安全でない方法、安全でない建設作業機器の使用にはじまり、特にスケジュールが遅れている場合の現場では時として安全や適切な手順が優先されないことも少なくありません。

これは残念ながら、工事会社の安全軽視の姿勢や現場内の安全のための建設現場で働く職員全員が協力的でないことも原因の一つとなります。

多くは「不安全な行動」および「不安全な状態」に起因しており、その多くがヒューマンエラーに起因する事故が発生しているのが現状です。

なぜCIDBカードは必要なのか?

CIDBグリーンカードを持っているすべての人にとっての重要な利点は、建設業界の職場で働くことを許可された有能な人または許可された人になるだけでなく、障害や死亡などの建設工事の際に発生した事故が発生した場合、CIDBグリーンカードの所有者は最大RM21,000の特典が受けられます。

一部の人々はこれについて知りません。

CIDBカード所有者は70歳未満であることかつ事故発生から日付から少なくとも60日以内に行う必要があるため注意が必要です。

しかし、マレーシアの特に小規模なプロジェクトでは、CIDBカードを持たないに多くの労働者がまだまだいます。通常は会社の下で保険に加入している外国人労働者ですが、CIDBグリーンがないと、建設業界の標準的な保険である保険を請求する資格がないため、好ましくありません。

自身への事故災害だけでなく、他者をきずつけないためにも建設業に関わる労働者はCIDBカードを持っていることをお互いに義務づける必要があります。

プロジェクトマネジャーとして安全性の高い現場運営のためにできることは?

プロジェクトマネジャー (PM) の業務範囲には安全衛生環境管理(HSE)があります。

PMは、発注者からの業務依頼内容にもよりますが、建設会社に対しCIDBの訓練を受けた労働者を使用しているかどうかを確認し、建設現場の労働環境を改善することへ貢献できます。

現場に関わる建設業界のすべての関係者は、重大な人身傷害、恒久的な障害、または結果として生じる死亡を引き起こす可能性のある事故から生命を守るために重要な状態を保つよう努めています。

すべてを保護する義務とは別に、CIDBを登録してグリーンカードを取得する必要があります。

これは、熟練した資格を持った建設関係者が、高品質で有能で生産性の高い仕事を生み出し、建設労働者のイメージを高め、このラインに関与することをさらに引き付けることができるためです。

プロジェクトに関わる全ての人々を保護するためにも第三者であるPMが、工事会社の適正な安全活動を監視することが求められています。

Covid-19 による、マレーシアにおける建設現場事情

現在マレーシアは、Covid-19 のパンデミックによりNRP(国家復興計画)の段階にある国です。

CIDBは、ロックダウンによって影響を受けているすべての建設業界およびその他の業界の各対象地域の規制(SOP)への管理および命令コンプライアンスを管理することになります。

Covid-19の影響は、ゼネコンが契約上の義務遂行を困難にさせ頭を悩ませています。主な原因は労働力の不足であり、次に、新しい労働者、特に外国人の雇用を許可しないことへの制限があります。また、規定どおりにSOPに準拠しない限り、制限される可能性があります。

度重なるロックダウンにより、失業した建設現場の労働者の多くは故郷に戻ることにしました。マレーシアでは、一般的に建設現場で仕事をしている労働者のほとんどがインドネシア人、ミャンマー人、パキスタン人、バングラデシュ人のような外国人です。

景気回復は火急に必要である中、一方で、建設業界の労働者および建設現場周辺で暮らす方々の安全は何よりも重要であり、安全や適切な手順が優先させるためCIDBの指導を常に確認し、安全衛生環境管理をコントロールすることが大切です。

まとめ、結論

  • マレーシア建設業開発庁( CIDB)は、1994年にAct 520によって設置された機関である
  • マレーシアにおける建物の品質保証の促進し、環境の品質、生産性、および持続可能性を提供するプロフェッショナリズム機能を促進する事を目的としている
  • 建設業に関わるすべての労働者は、事故防止に最善を尽くすため、現場に関連する危険を認識するために訓練された政府の要件を満たす、CIDBの保証によって発行されたCIDBグリーンカードを取得することが必要である
  • CIDBグリーンカードは万が一障害や死亡などの建設工事の際に発生した事故が発生した場合、CIDBグリーンカードの所有者は補償を受けることが出来る
  • プロジェクトマネジャー は、建設会社に対しCIDBの訓練を受けた労働者を使用しているかどうかを確認し、建設現場の労働環境を改善する役割も担っている
ASEANにおいて建設投資をご検討中の皆様へ、
Plus PM Consultant Sdn. Bhd.は建設コンサルタントとしてコンストラクションマネジメントの手法を用いてプロジェクトマネジメントさせて頂きます。
工場建設、倉庫建設、コンドミニアム建設、ホテル等、あらゆる建設事業に対応します。建設だけに限らす、建設投資全般に関する建設コンサルタント業務を提供しております。ぜひ、ご相談ください。

マレーシア建設産業開発局とは?cidbグリーンカードとは?|cidb
マレーシア建設産業開発局とは?CIDBグリーンカードとは?|CIDB 4

本記事はPlus PM Consultant Sdn. Bhd.がASEAN現地の取材、および以下参考・参照の情報をもとに作成しています。
当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。 

≫引用・参考・参照

記事をシェアする