施設別ポイント|その他(ホテル・オフィス・研究所)

アセアンでの豊富な実績により、
投資コストの抑制と品質の最適化

 Plus PM Consultantは、その他にもさまざまな各施設において、その国の消費者ニーズやお客様の運営方針、管理体制に考慮した建物づくりを支援いたします。お客様の様々なご要望に合わせ、経営安定化に向けて日本仕様とローカル仕様を最適化しながら、安心できる品質の実現と費用対効果がある建設コスト、そして完成までのスケジュールをマネジメントいたします。
 

 土地選定のポイント

 地耐力(建物を支える地盤の強度)は、建設コストへの影響が大きいため、特に高層になる施設、重量の重い設備を設置する施設などの建設にとって重要な土地選定要因であり、土地の購入前にしっかりと調査する必要があります。
 また、アセアンでは、エリアによって電気や上下水道などのインフラが整っていないことがあります。特に電気の引込みに関しては注意を払う必要があります。近くに電気の引込みがない、引込み容量が不足している場合、状況によっては数千万円という負担金、工事費を請求されるケースがあります。
 Plus PM Consultantは、土地選定の段階からお客様の交渉に同行して、適切な助言をおこなう事が可能です。
 

 スケジュールのポイント

 アセアンでは工事が遅れることが頻繁にあります。雨による遅延、軽微な設計変更による遅延など、事あるごとに工期延長の依頼が建設会社から提出されます。これに海外での建設事業に不慣れな事業主は戸惑い、争いを避けるため認めてしまうケースが多いようです。Plus PM Consultantは施工会社が要求してくる工期延長に対し、的確な判断をして関係者の同意を取り付けることと、工期遅延回復方法について技術的なアドバイスをおこないます。
 

 コストのポイント  

 日系ゼネコン、ローカルゼネコン、それぞれに特色がありますが、コストを優先されるのであれば、ローカルゼネコンをお勧めします。
 ただし、ローカルゼネコン採用時に注意すべきことは、着工後、何かにつけて追加工事の請求が提出され、最終的には日系ゼネコンを採用するのと変わらない金額になるケースがあります。Plus PM Consultantは工事請負工事契約後に追加見積もりを発生させないため、設計図面の精度を上げることや、契約書を含めた入札資料の充実を図ります。また、日系ゼネコンとローカルゼネコンの複数社から工事見積書と同時に技術提案書を受領し、総合的な判断の上でゼネコンを選定する総合評価方式の運用をお勧めしています。
 

 品質のポイント 

 日本から海外に初めて進出されるお客様にとって、品質は最も懸念されることだと思います。日本の設計品質、施工品質というのは世界的に見ても素晴らしく、私たち日本人は当然のことと認識しています。しかし、海外に出るとそうはいきません。どの国でも、日系ゼネコンは建設コストが高いと言われますが、それは、品質管理、スケジュール管理を徹底しているためです。ただし、日系ゼネコンであっても日本と全く同じ品質をアセアン地域で実現することは不可能です。
 理由は、現地の労働者の技術レベルの低さ、使用材料や工法の違いなどから起こります。品質について特に、注意しなければならないのが、建物の骨格である構造体と、日本とは全く考え方の違う防水工事(雨仕舞)、そして建物運営上重要な設備工事です。また、ローカルゼネコンを活用する場合は、弊社の管理体制を強化して、細部の確認と指示をおこなっています。日系ゼネコン、ローカルゼネコン共に、設計図面の精度を上げることが求める品質の確保には欠かせないことから、建築・設備・構造図面についてチェックをしております。


事業フローと支援内容

 プラスPMでは事業主の施設・設備の調達業務に関して、専門的知識を有するコンストラクション・マネジャーが建設事業の各段階において、コスト、品質、スケジュールの最適化支援を行います。