施設別ポイント|コンドミニアム

魅力ある商品企画から、
竣工までを高い品質を追求

 Plus PM Consultantは、アセアン地域におけるコンドミニアム建設やタウンシップ開発において、魅力ある商品企画から、建設コスト削減、竣工後のクレームがない建物づくりを目指してプロジェクトを支援します。
 これまで住宅を開発する不動産デベロッパーは、物件の立地、デザイン、価格、間取りに重点を置いて開発をしてきました。これからの消費者は、従来のポイントに加え、完成後にトラブルの少ない、高い品質の住宅を求める時代に入ってきました。
 開発をおこなう側としても、建物完成後に雨漏りや設備機能の不具合が起こりますと、引渡し後の手離れを悪くします。完成後のトラブルが少ない建設計画とするには、設計段階では、細かい仕様のチェックや故障を抑える機器選定をすること、施工中は、納まりの検討や施工方法について的確な指示を出すことが重要です。Plus PM Consultant は、基本構想段階、設計段階、施工段階において、経験あるスタッフがプロジェクト全般を支援いたします。

 

 土地選定のポイント

 地耐力は、建設コストへの影響が大きいため、特に高層の建築物にとって重要な土地選定要因となります。土地価格と、建設コストを比較しながら、検討を重ね、土地を決定していきます。地域によっては、インフラ(電気、上下水道、ガス等)が整っていないことがありますので、事前に調査をしっかりとおこなうことが不可欠です。
 また、当該地が住宅地にある場合、工事の騒音や粉塵などが周囲よりクレームとして届けられた場合、土・日・祝日や夜間帯工事の制限を受ける場合があります。これらも事前の把握が必要となります。
 

 スケジュールのポイント

  適切な工事の業者を選定すること、そして、その業者の作業進捗を管理するなど、状況の把握とリスクの先読みが重要となります。また、工事進捗の遅延は、金融機関のつなぎ融資の決済条件や契約者との約款によるペナルティーの発生など深刻な問題へ繋がることも想定されます。Plus PM Consultantでは考えられるリスクを抽出し、それらへの事前対策のご提案をおこなうことで、工期内完成の達成をサポートいたします。

 

 コストのポイント 

 住宅で使用する機器の適切な選定は、建設コストの削減と建物完成後のトラブル防止に繋がります。
 また、日本製の衛生機器などはゼネコンからの発注ではなく、コストオンで発注することで大幅なコスト削減をおこなうことができます。さらに、工事請負契約後の追加工事を減らすため、Plus PM Consultantは、図面内容を細部にわたり確認し、設計図の完成度を上げる支援をいたします。
 

 高品質のポイント 

 住居者が安心して生活をおくるためには、地域の特性を理解した上でのセキュリティー環境をつくることが重要となります。
 適切なセキュリティーを設けることは、コンドミニアムの購入を検討するユーザーにとって、大きな関心事であり、物件に対する興味や好感を高めます。さらにPlus PM Consultantがマネージメント介在したプロジェクトにおいて、日本品質をアピールすることで、ローカルゼネコンでの施工であっても高付加価値を意識づけすることができ、販売実績の向上を実現しています。


事業フローと支援内容

 プラスPMでは事業主の施設・設備の調達業務に関して、専門的知識を有するコンストラクション・マネジャーが建設事業の各段階において、コスト、品質、スケジュールの最適化支援を行います。