病院建築、工場・倉庫・商業施設の建設、
高齢者住宅事業を成功に導く建設コンサルティング会社

プラスPMオフィシャルサイト ENGLISH ホームページからの資料請求・お問い合わせ

海外建設コンサルQ&A

Qマレーシア(イスカンダル)の開発・建設について

マレーシア ジョホールバルのイスカンダル開発

■概要

イスカンダル開発地域は、マレーシア5つの重点開発地域のひとつであり、マレーシア政府が2006年から2025年を開発期間としています。
面積が2,216平方キロメートルの壮大な開発エリアに2025年の人口300万人を目指しています。
ジョホールバルのイスカンダルプロジェクトは、5つのゾーンに分かれており、それぞれテーマを持っています。

faq_1921_01.gif

ゾーンA【ジョホールバル都市部】

国際貿易、金融センター、展示場エリアであり、シンガポールへのゲートウェイになる地域です。
すでに戸建て住宅とイオンなどのスーパーマーケットが完成しています。

ゾーンB【ヌサジャヤ地区】

faq_1921_02.gif

イスカンダルプロジェクトの中心地区で、行政機関が作られており、テーマパークのキティーランドが完成しています。
メディニ地区は、ヌサジャヤ地区の中心地にあり、高層コンドミニアム、レゴランド、医療施設ができることで注目されています。
シンガポールとクアラルプールを結ぶ高速鉄道の駅がこの地区に建設されることになっています。

ゾーンC【タンジュン・ぺラパス港周辺地区】

イスカンダルプロジェクトの西端に位置する場所で、物流拠点、石油備蓄倉庫のエリアです。 セカンドリンクの橋で、シンガポールと連結しています。

ゾーンD【パシル・グダン港周辺区】

パーム油の製造業、石油備蓄倉庫の工業団地になるエリアです。

ゾーンE【セナイ空港周辺区】

セナイ空港の国際空港化が進んでおり、物流拠点、ハイテク産業、サイバーシティになる計画です。

イスカンダル開発

イスカンダル開発地域についての所感

faq_1921_03.jpg

2015年5月、ジョホール州の首相が、サービスアパートの建設許可を 当面保留すると発表しました。
イスカンダルで高級アパートを中心に供給過剰になっているという 背景がある為です。

今から2年前(2013年)までは、コンドミニアムの建設ラッシュが続き売れ行きも好調でしたが、
デベロッパーが住宅を先行して開発し過ぎたため供給過多となり、売れ行きが鈍化していました。

2014年以降、開発庁は工業誘致、高付加価値産業誘致に積極的に取り組み、現在は工業団地、また商業区の開発が活発になりつつあります。 住宅開発のイメージが色濃かったイスカンダルですが、開発庁、銀行、デベロッパーが共同してセミナーを開くなど、産業分野の誘致に力を注いでおり、徐々に効果が表れてきていると感じられます。

faq_1921_04.jpg

主な財政的インセンティブ

2015年12月31日までに事業開始したIDRステータス取得会社については、下記インセンティブが考慮される。

認定事業の取得に関して10年間の100%所得税の免除。
非居住者へのロイヤリティや技術フィーの支払いに対する源泉税を10年間免除。

監督官庁連絡先

イスカンダル地域開発庁【Iskandar Regional Development Authority(IRDA)】
#G-01,Block8 Danga Bay,Jalan Skudai 80200 Johor Bahru

Tel: +607-233 3000
Fax: +607-233 3001

http://www.irda.com.my http://www.iskandarmalaysia.com.my




お問い合わせ

建設コンサルティング、コンストラクションマネジメントについて

東京 TEL:03-3526-4181

大坂 TEL:06-6363-6066

マレーシア TEL:+(603)-2181-0263

ホームページからのお問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

SIDEMENU

建設コンサル 無料情報誌

工場、レジデンス、ショッピングセンターの建設に要するノウハウ満載の情報誌です