海外投資・税金
 

Performance Bond(契約履行保証)

2017年02月14日

 

日本の建築常識ではあまりない事ですが、海外のプロジェクトでは資金繰りが出来ず、
建築途中でプロジェクトが止まる事や、建築会社が資金を持ち逃げするケースは良く見受けられます。

これを防ぐ為に海外では予め、銀行や保険会社が会社の信用力に応じて保証書を発行し、
必要要件を満たさない場合、掛け率に応じて返還(Refund)をする仕組みがあります。

これをPerformance Bond (契約履行保証)と呼びます。

貿易関連の方は馴染みがあるかもしれませんが、建築でもこの仕組みがあります。
プロジェクトの状況、性質、期間に応じて幾つか保証に種類があるので御紹介します。

【契約履行保証(Performance bond)】
 工事請負業者が請負契約の確実な履行を担保するための保証措置であり、
 工事請負業者が 債務不履行に陥ったときに、発注者が被る損害の補填を担保するものです。
 工期内に完了 しない場合に発生する遅延損害金もこの保証に含まれます。

【入札保証(Bid bond)】 
 公共工事の入札参加者が落札したにもかかわらず、契約に至らない場合の発注者のリスクに対応するため、
 入札参加者に義務付けられます。

【前受金返還保証(Advance payment bond)】 
 発注者が契約解除の際に、工事請負業者に支払った前払金の返還を保証するものです。

【留保金返還保証(Retention bond)】 
 長期にわたる大型工事では、出来高毎に留保される金額は大きくなります。
 契約上では留 保金の一部解除を認められる場合もありますが、その際、中途解除を保証するものです。

【瑕疵担保保証(Maintenance Bond)】 
 工事完成後、瑕疵担保期間内に瑕疵が発見され、工事請負者が履行不能な場合、その修補 債務を保証するものです。

保証利率はマレーシアの一般建築会社の場合5~6%と言われていますが、
もしこれを大きく上回る場合は企業の信用力に問題がある場合があるので注意が必要です。

プラスPMはマレーシアを中心に、周辺諸国のインドネシア、タイ、ベトナム、カンボジアに於いて、
工場建設、建設コストダウン、物流施設建設など各種プロジェクトを通じて、
日系企業様のASEAN進出・建設・各種プロジェクトをサポートしています。
We are proud to support our clients through the Factory project, Commercial project, Condominium project and other project of Construction Management at over ASEAN area.